日常漫画(子育て)

111/120ページ

無我の境地

私はもともと別に子どもを好きなタイプの人間ではないので、特にこれまで赤ちゃんをまじまじ見つめたことなどありませんでした。 しかし不思議なもので、生まれてきた我が子には気が付くと目が向いていて、特に何か動きがあるわけでもないのにただただじーっと眺めたりしていました。 特に入院中は家事をやることもなく他にすることもないので、ひたすら我が子を眺め、新生児微笑の瞬間を写真におさめようと躍起になったり、ピク […]

1 111 120