さながら火がついたように

ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐生後2か月‐乳児‐赤ちゃん‐さながら火がついたように‐予防接種‐小児科‐少し遅れた‐ヒブ‐B肝‐小児肺炎球菌‐任意‐ロタ‐ケロっとしてる‐大泣き‐泣きすぎ‐若干引いた
ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐生後2か月‐乳児‐赤ちゃん‐さながら火がついたように‐予防接種‐小児科‐少し遅れた‐ヒブ‐B肝‐小児肺炎球菌‐任意‐ロタ‐ケロっとしてる‐大泣き‐泣きすぎ‐若干引いた

生まれて初めての予防接種。まあ泣くだろうと予想しつつ受診しました。

始まるまでは、前回予防接種の相談で来た時には特に何もせず帰ったので、娘はこれから自分の身に何が起こるかも全く知らず、ご機嫌な表情で病院の中をキョロキョロしたりしていました。

ふふふ…これからこれまでの人生で(多分)最大の恐怖を味わうんだぜ…

と、内心どれだけ泣くのかとほくそ笑んでいたのですが、いざ始まってみると

「ンギェェェエエアァァアアァ!!」

と、やたらめったら大泣きし、最初は「おー、こんな顔もするのねー」と新鮮な気持ちになったものですが、だんだん「え…泣きすぎじゃね…?」と若干引くほどでした。(苦笑)

そしてどんなに娘が泣いて暴れようとしても、笑顔のまま体をがっちりホールドして素早く予防注射を済ませていくお医者様と看護師さんのプロの技術に感動しました…。プロってすごいですね。