生活の知恵がすごい

ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐生後1か月‐乳児‐赤ちゃん‐生活の知恵がすごい‐人類の英知‐ウンチ‐オムツ替え‐おしり拭き‐節約‐ティッシュ
ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐生後1か月‐乳児‐赤ちゃん‐生活の知恵がすごい‐人類の英知‐ウンチ‐オムツ替え‐おしり拭き‐節約‐ティッシュ

赤ちゃんが生まれると、お世話の過程で色々なものが消費されます。

粉ミルク、オムツ…そんななかにおしり拭きもあります。

私は最初の頃、オムツを1日に15回も替えるわウンチ1回につき2~3枚使うわで、おしり拭き1袋をかなりのペースで消費していました。(1袋1週間くらい)

ミルクの量を見直してオムツ替えの回数が減った後も、経済的な意味でもできるだけ資源を無駄にせず節約できればなーと思いつつも、どうしても実際にお尻を拭いているときちんと拭ききれなかったりして「あともう1枚…」といったような形で使ってしまっていました。

そんなある日、義母の家で娘のウンチのオムツ替えをした時の事。3枚くらいはいりそうだな…とあらかじめおしり拭きを複数枚出したところ、義母は言いました。

「あら、きなこもちちゃん。おしり拭きの前に普通のティッシュであらかたウンチを拭いちゃった方がウンチが拡がらずに手早く拭きとれるし、それで最後に仕上げでおしり拭きを使うようにすればおしり拭きは1枚で済むわよ」

言われて実際にやってみたところ、(ほ、ほんまや…!)と感激しました。わりとおしり拭きだけで拭いていた時は、おしりどころか太ももの方までウンチが拡がったりすることもあったので、単純なことではありますが義母のやり方に目から鱗でした。

うちの義母さんは生活の知恵を沢山持っていて、現在の推奨される子育て情報の最前線を知っているわけではないけれど、2児を育て上げた経験からくる様々な知識には十分今でも役立つものが多くあるので本当に色々勉強になって頭が下がります。