いわゆる単細胞的な思考力

ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐育児マンガ-育児漫画‐きなこもち‐乳児‐赤ちゃん‐生後5ヶ月‐携帯‐スマホが大好き‐べしべし‐やたら触りたがる‐ずりバイが出来るようになってからイタズラがすごい‐でも目の前から隠してしまえば存在を忘れる‐クッションの下に携帯を隠す‐ごまかしながら生活‐いわゆる単細胞的な思考
ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐育児マンガ-育児漫画‐きなこもち‐乳児‐赤ちゃん‐生後5ヶ月‐携帯‐スマホが大好き‐べしべし‐やたら触りたがる‐ずりバイが出来るようになってからイタズラがすごい‐でも目の前から隠してしまえば存在を忘れる‐クッションの下に携帯を隠す‐ごまかしながら生活‐いわゆる単細胞的な思考

娘がまだ生後5カ月くらいだった頃。

ある程度自分の意思で動いてあちこち探索出来るようになり、携帯なんかが落ちているとそれはそれは執拗にいじくり倒したりしていました。ずっとオフ状態の画面なら赤ちゃんに平手打ちされるくらいどうってことないですが、触った拍子にロック解除画面になるとパスワード誤認識からのロック解除不可能になるという黄金の流れに繋がるので、やはりある程度触らせないようにしなければなりませんでした。

しかしながらこの頃はまだ目の前に「ある」ものしか認識出来ない状態だったので、クッションの下なんかに隠してしまえばそれまでの携帯への尋常ならざる執着を忘れ去ったかのようにどこかへ行ってしまうので、わりと触って欲しくないものを隔離するのは楽チンでした。

1歳を過ぎた今はもう…推して知るべしです…。