パパ見知り以上パパっ子未満

ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐育児マンガ-育児漫画‐きなこもち‐乳児‐赤ちゃん‐生後5ヶ月‐夫‐激務‐始発で出勤、深夜帰宅‐休日出勤‐おはよう!‐珍しく朝顔を見れた‐泣くわけではないが本気で誰だかわかってない‐パパの事忘れてる…?‐夫、見事に貌を忘れられる‐パパ見知り以上パパっ子未満
ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐育児マンガ-育児漫画‐きなこもち‐乳児‐赤ちゃん‐生後5ヶ月‐夫‐激務‐始発で出勤、深夜帰宅‐休日出勤‐おはよう!‐珍しく朝顔を見れた‐泣くわけではないが本気で誰だかわかってない‐パパの事忘れてる…?‐夫、見事に貌を忘れられる‐パパ見知り以上パパっ子未満

夫の仕事が激務ここに極まれり状態だった頃。始発の電車で出勤しては深夜に帰宅(ひどい時には夜中の2時なんかに帰宅して数時間寝てまた始発で出勤する)、さらに休日出勤もする、という状態を2週間ほどしていました。

そんななかで、久しぶりに人並みな時間(朝7時過ぎ)に出勤することができた朝、出かける支度をしている時に娘が起きてきました。夫は1週間ほどぶりに覚醒している状態の娘に会えてニッコニコで挨拶をしましたが、当の娘は夫の顔を見た瞬間

「誰やこいつ…」としかいいようのない困惑した顔をしました…。どうやら見事に夫の顔を忘れたようですね。

まあ、ついさっきまで欲しがってた携帯も隠しただけで存在を忘れて執着しなくなるぐらいなんだから、数日間顔を見なければ忘れてしまうのも無理はないですね。これがいわゆる「パパ見知り」か…と、夫と二人で愕然としました。

なんなら家族の中で誰よりも家族を想って体に鞭打って骨身を削って働いているというのにこの仕打ち、誰が悪いわけでもないものの非常にやるせない…!

この一件があってから、ちょくちょく夫が仕事でいない間に夫の動画を娘に観せて「これがパパだよー^^」と話しかけていたら、しばらくぶりに夫の顔を見てもいつも通りにニコニコするようになったので、多少は夫の顔を覚えておく一助になったのかも知れません…。めざせパパっ子!