臆病にもほどがありませんか?

ねここど‐育児マンガ‐ところで俺の猫を見てくれ‐新生児‐猫‐初対面‐リアクション‐無反応‐認識‐触れ合わない
ねここど‐育児マンガ‐ところで俺の猫を見てくれ‐新生児‐猫‐初対面‐リアクション‐無反応‐認識‐触れ合わない

初めて会った時こそ完全なるスルーを決め込み娘の存在に気付かないような動きをしていた我が家の猫・キムチ。

しかし、実際には一応ちゃんと存在を認識はしていたらしく、日が経つにつれて遠くから見つめている姿が目撃されたり、ということがありました。

でも全然全く心を許す気にはならないらしく、ふと娘の寝ている時に普段よりも近い位置に座って寝顔を眺めているなあと期待を込めて見詰めていたら、娘が少しもぞもぞと動いただけで思い切り驚いて全速力で逃げて行ってしまいました。

まぁそれでももう少し時間が経てばもっと打ち解けるでしょう…と思いきや、案外彼女たちの関係はその状態で膠着したまま長い事続くのでした…。