だってなんかよく分かんないし

ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐乳児‐赤ちゃん‐生後3ヶ月‐生後100日‐お食い初め‐準備‐義理母‐義理妹‐お祝い膳‐おいおい‐イベント事に燃えない‐だってなんかよく分かんないし
ねここど‐4コマ‐猫と子どもと夫と私‐乳児‐赤ちゃん‐生後3ヶ月‐生後100日‐お食い初め‐準備‐義理母‐義理妹‐お祝い膳‐おいおい‐イベント事に燃えない‐だってなんかよく分かんないし

結局何も予定を決めないままふんわり生後100日を迎えたのですが、休日だったこともあって義母と義妹が我が家に遊びに来ました。(生後100日とは知らなかったようです)

皆で雑談するなかで、一応今日が生後100日です、とお伝えしてどうしようか直接伺ってみたら…

「あー…そうね、うん…。まぁ、そういうのはおいおいでいいんじゃないかな^^」

というお言葉。まあせめて夫が仕事に忙殺されていなければどこかにご飯を食べに行ったりというのも考えたかも知れませんが、実際今そんな予定を立てられる状態じゃないし…。正直生後3ヶ月程度の子どもを連れて外食とかしたくないし。かといって義母に自信を持って食べさせられるようなご飯は自分では用意できないし(義母はかなりの料理上手)、だからといって義母にご飯を用意してもらうわけにもいかないし…。

うん、考えるの面倒くさい!^^

ということで、さっぱりお食い初めのことは水に流しました…。←

実のところ、私も幼少期お食い初めなんてことされてないし、義母も二人の子どもたちの生後100日でそんなことしていないので、はなから「なんやねんこの行事…」みたいな気持ちがあったんですよね。

そんな感じでイベント事に熱心でない一家なので、当然「ハーフバースデイ(笑)」も普通にスルーしました。

大丈夫、歯がため石だのなんだのなくても、君が生涯食べ物に困らず幸せに過ごせることを家族全員祈っているよ…娘よ…。強く生きて…。