必然的仲間外れ

去年、2018年のクリスマス当日。うちはクリスマスはなんとなく外で食べる年と家で食べる年が交互に来る感じなのですが、この年は娘がまだ赤ちゃんなのもあってデパ地下グルメで好きなものを買って家で好きなように食べよう、ということになりました。

こういうやり方にすると何がいいかって、赤ちゃんがいても周りを気にしなくてもいいし好きなものを好きなだけ選べるので、心置きなく自由に楽しめること。あとは巷のクリスマスディナーへ繰り出すよりは安上がりになるので、気持ち程度に節約気分にもなることですね…。

しかしながら、親が料理上手だったりセンスがあったりすればまだ生後9か月程度の子どものご飯も良い感じにしてあげられるのに、私のような大してセンスのない人間がやるとどうしても「いつもの離乳食」にしかならないのが非常に申し訳ないことになって誠に遺憾です。

せめてもの思いでトマトとかブロッコリーとかコーンとか、どことなくクリスマスっぽい感じがしなくもない素材(個人的意見)を使ってみたものの、結局私にはどうにもなりませんでした…。無念…。